続きの返済に分けられる消費者金融のカードローン

お金が必要な時は一気にくるものです。
たとえば6月や10月などの、ジンクスがある月、気候のいい時には結婚式が重なることが多いのです。
最近は会費制のところも増えてきてありがたいのですがまだまだご祝儀制のところも多いのです。
そういった場合に本当にその月はピンチになります。
こういったイベントごとでどんと出ていく出費の他に日々の暮らしの家賃や水道光熱費は変わらず発生する訳です。
こういった時にどうするかが社会人の大きな問題です。
親に借りるのも恥ずかしいしどうしても自分で何とかしようとおもった時には消費者金融のカードローンを利用することにしています。
このカードローンのいいところは一括で借りたお金を月々のリボルディング払いできるところです。
リボルディング払いとは簡単に言うと、借りたお金をちょっとづつ月々の返済に分けて返していくというところです。
まさにローンなのですが消費者金融のカードローンは他のローンとはちょっと違います。
一般的にローンは使用目的を制限されます。
住宅ローンは住宅購入費用にブライダルローンは結婚資金に教育ローンは教育費に。
でもこのカードローンは使用目的が決められていないので自分で自由に使えるお金なのです。
ご祝儀に使っても、家賃に使っても遊びに使っても注意されることがないのです。
これはとても便利なことです。
ひと月に支払いが集中することなくちょっとずつ払えばいいので生活レベルがガクッと下がることもありません。